りり記☆

99万円で世界一周。LCC(格安航空)を使った女一人旅の世界一周ブログ。

当ブログは、http://liliki.net/に移転しました。


「りり記2」と統合したため、世界一周の記事は
こちらのカテゴリーにて更新していく予定です。
 ↓
http://liliki.net/category/99-round-the-world


ブックマーク登録いただいている方は、お手数ですが、
http://liliki.net/ に変更いただけたら幸いです。


これからも、どうぞよろしくお願いします♪


ブログ引っ越しの理由はこちら → 「無料ブログと有料ブログ(Wordpress)の違い。無料ブログの落とし穴


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド人のイケメン詐欺師


皆さん、こんにちは!^^

ご存知かもしれませんが、インドって「ウザイ国」として有名なんです。


--------------------------------------------------------------
現在地はラオスのバンビエンです。

twitterとFacebookではリアルタイムでつぶやいてます。ぜひフォロー&いいね!してください^^
twitterはこちら / Facebookはこちら

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周 人気ブログランキング
--------------------------------------------------------------




インドの評判は、真っ二つに分かれます。


「人もウザイし、汚いし、もう二度と行きたくない!」と言う人と、
「すごく良かった!また行きたい!」と言う人。



で、わたしの場合はと言うと…



スポンサーリンク




完全に後者なんですよね…(笑)



気づけば、インドに来るのは3回目

しかも、前回来たときは、半年もインドをさまよってました。


なぜか、あの独特のカオス感にハマってしまったんですよね…。







昨夜23時過ぎにアラブ首長国連邦のシャルジャを飛び立った飛行機は、
深夜2:30(インド時間の早朝4:00)にデリー空港へ着きました。





窓から、ぼんやりと飛行場を眺めていたら、
預け荷物の積み下ろしをしていました。



…てか、マジ荷物の扱い、乱雑!!




ボンボンボンボンッ、すごい勢いで放り投げてます…!

そして、荷物、ガンガン落としまくってます!


やっぱり預け荷物には、壊れやすい物、入れない方がいいね…。







入国審査を終え、荷物受け取りへと進みます。





深夜に移動すると、悪徳リキシャーの餌食になる可能性が高いので
明るくなるまで、しばし待つことにしました。





1時間ほど仮眠して、6時過ぎに目が覚めました。

そろそろ外も明るくなってきたはず。移動しようかな。





インフォメーションで、市街地までの行き方を訪ねます。





それにしても、デリー空港、めっちゃ綺麗になったなぁ~!!





以前は、空港の荷物受け取り場を出ると
すぐにオート・リクシャーのおじさんたちが待ち構えていて
ギラギラした目で、しつこく客引きしてきてたんですよね。


わたし、初めてインドに来たときなんて、
ギラギラした目のおじさんに囲まれて、
怖くて怖くて、もう半泣き状態でした。




でも今回は、しつこく声をかけてくるおじさんは、
ひとりしかいませんでした。


微笑みながら、
「ナヒーン、ダンニャワード!!(=ノーセンキュー!)」
を連発してさっさと歩いてたら、いなくなりましたけどね。意外と楽勝ね♪




あ、ちなみに、「ナヒーン、ダンニャワード!!」と
ヒンディー語で断ることで、

「わたし、インド初めてじゃないから!なめないでよね」アピールをしております。




それにしても、地下鉄なんてできたんだね!3年前はなかったのに…!



空港の出口を出て、道路を渡った先に地下鉄の入り口があります。







さすが、新しいだけあって、超きれいです♪



 ↑
変なオブジェもあります。








メトロ(空港→ニューデリー駅):150ルピー(約300円)、所要約20分。







駅からは、オートリクシャーで、
「パハールガンジ」と言う場所を目指します。

ここに、安宿が集まっているのです。




 ↑
インド人の庶民の足、オートリクシャー





実は、観光地であればあるほど、
このリクシャーマンとのトラブルが多いんですよね。


外国人だからと言って金額をボラれたり、
降りるときになって、最初に言っていたのより高い金額を言われたり
お金がないからとか言って、お釣りを返してくれなかったり…。



そんなトラブルなんて、日常茶飯事です。


もちろん、たとえボラれたとしても、
お金を多めに払えばすむ話なのですが、

1円でも安く旅をしたいバックパッカーは、
リクシャーマンとの戦いの日々を過ごさなければなりません。

(あ、もちろん、中には良いリクシャーマンもいますけどね!)



インドが嫌いになってしまう人の多くは、
こういう毎日の戦いに疲れてしまうことが多いようです。



こういった戦いで疲れないためには、

・良いリクシャーマンを見極める能力
・嫌なことがあっても、すぐに忘れる能力
・トラブルを切り抜けるためのテクニック


の3点を身につけておく必要があります。


…とか偉そうに言ってみましたが、
わたしも、慣れるまでは、毎回疲れてたんですけどね…。

(リクシャーマンとのトラブル回避法については、
 また機会があれば、詳しく書きます~)




で、今回はこのリクシャーでパハールガンジへ向かうことになりました。
   ↓



駅の警備員のおじさんに、「ナマステー!」って言って
ニコニコ愛想を振りまいて道をたずねたら、

おじさんがリクシャーマンに価格の交渉までしてくれて、
パハールガンジへ20ルピー(約40円)で、行けることになりました☆

ラッキー♪





おじさんは、「ブーブー」クラクションを鳴らして
ガンガン飛ばします。


そう、インドのオートリクシャーというのは、
「ブーブー」クラクションを鳴らしまくって、ガンガン飛ばしまくる乗り物なのです。


乗客にとっては、「ぶ、ぶつかるぅ~!危ない~!!」という
最高のヒヤヒヤ感を味わえるアトラクションと言えるでしょう。





いよいよパハールガンジに続く通りに差し掛かると、
いきなり一人のおじさんに、車を止められました。



なんと、今日はお祭りがあるため、
ここら一体が「通行禁止」なんだそうです。



えぇ~!!



とりあえず、
「インフォメーションに行って、話を聞いてきなさい」とのことなので、
近くにあった観光案内所へ。







中にいた男性に、
「ここって、ツーリスト・インフォメーション(観光案内所)ですか?」と聞くと
「そうだよ!」と言って、奥の事務所へと案内してくれました。



黒いレザーでできた立派なイスに通され、
英語の上手なイケメンのインド人男性が、丁寧に対応してくれました。






















あ、あやしすぎます…。







今まで各国の観光案内所を見てきましたが、
こんなに丁寧に対応してくれるところなんて、ありませんでした。



しかも、ここはインド。
わたしはすぐにピンと来ました。



…あ、これ、観光案内所に見せかけたツアー会社だな。





スタッフの男性は、フランス人とインド人のハーフらしく
とても綺麗な顔をしていました。


すごく紳士的で、丁寧な対応をしてくれ、
わたしに、何度もチャイをすすめてくれました。(断ったけど)



彼の話では、ちょうどここ1週間
パハールガンジでお祭り
をやっているらしく、
外国人は、パハールガンジエリアが立ち入り禁止になっているとのことでした。


どうやら、スリや、強盗が多く発生していて、
外国人旅行者が、かっこうのターゲットとなっているため、
政府が、外国人旅行者を規制しているんだとか。


そのため、パハールガンジにある安宿も全て閉まっているそうなんです。




わたしが、内心「ホントかね?」と疑っていると、
ウソだと思うなら、君の泊まりたい安宿に電話して聞いてあげるよ。
 どこに泊まりたいの?」と言って、
ロンリープラネット(ガイドブック)を渡してきました。



わたしが、一番安かった
「ハレ・ラマ・ゲストハウス」というところを指差すと
彼は、そこに電話をしてくれました。


電話に出たスタッフに
「今日、シングルルームに空きがありますか?」と聞くと
「残念ながら、今はお祭り期間のため、ここ一体は封鎖されているのです。
 宿も、3日後までクローズしています…」
との回答。


うわぁー、まさかホントだったなんて…。困ったな。。



イケメンインド人の話によると
このあたりで泊まれる場所と言ったら、
コンノートプレイス(高級ショッピングエリア)にある、少し高めの宿だけで
その場合、一番安い宿でもUS80ドル以上するとのことでした…!



…た、高すぎるっ!絶対ムリ!!




「わたしお金ないから、無理だわ…。
 ちょっとネットカフェに行って、他に安宿がないか、調べてくる…」と言うと、


イケメンは、
「そっか…予算がないのか。
 じゃあ、もっと安い宿がないか調べてあげるよ」と言って、
いろんなところに電話してくれました。



で、最終的に朝食込みで2,000ルピー(約4,000円)の宿を見つけてくれました。

これ以上、安い宿はないんだそう。



もう、しょうがないか…。
せっかくいろいろ探してくれたし、ここにするか…。

インドにしてはかなり高いけど、他にないなら仕方ないもんね…。








































…って、4年前のわたしだったら、思っていたでしょうがね!









こちとら、インド3回目なんじゃい~!
なめんな、オラー!!



…と心の中で叫んで、



「ありがとう。でも、念のためネットカフェで調べさせて!^^」と微笑み、
わたしは観光案内所を飛び出したのでした。









でも、ネットカフェ開いてなかった…。




ていうか、早朝だからか、お店どこも閉まってます。
(早朝って言っても、もう8時半なんだけど)





とりあえず、開いている商店のおじさんたちに
「パハールガンジって閉まってるの?宿が取れなくて困ってるんだけど…」と相談すると、
「別に閉まってないよ」とのこと。



な、何ですと…?!!



とりあえず、宿の情報を調べたいのですが、
ネットカフェが開くのは2時間後だって。



困ったな…。




そうこうしているうちに、おじさん&お兄さんが
「どうしたんだ?」と言って、ワラワラと集まってきました。



インド人って、ヒマな人が多いのか、好奇心旺盛なのか、
こういうとき、次から次へとどんどん集まってくるんですよね…。




結局、わたしは優しいおじさんたちの助けを借り
リクシャーをつかまえて、開いているネットカフェに行ってもらうことにしました。





ちなみに、この「優しそうな地元のおじさんを味方につける」力が上がると、
インドの旅を、より楽しめるようになってきます。


基本、(変な商売をしていない一般の)インド人って、
「困っている人(特に女の子)を見ると、放ってはおけない…!!」
という正義感あふれる人が多いんですよね。




そんなこんなで、
リクシャーに乗って、5分ほどでたどり着いたのは、
コンノートプレイスにあるネットカフェ。








…と思いきや!




またもや、ツーリストインフォメーションと言う名のツアー会社でした。





…ま、また、このパターン?!




でも、その観光案内所の人に事情を話すと、
タダでインターネットを使わせてくれることになりました。ラッキー♪






ツアー会社の人は、日本が好きらしくて、日本語がペラペラでした。




「チャイ、イリマスカ?」って聞かれて、

「イイエ、デモアリガトウ!」(←あれ、なんで私まで片言?)って答えると

「ノンデクダサイ!ソウイウ歓迎ノシカタデスヨ!
 インド3回目ナラ、シッテルデショ?フリーデスヨ!!」
と言われました。




超日本語ペラペラだな。






…というわけで、もらっチャイました☆ (←ここで、まさかのダジャレを投入!さりげないー!)





でもね、インドの観光地で日本語をペラペラに話すインド人の多くは、
日本人を騙して、お金を稼いでいるケースが多い
んですよね。

悲しいことですけど…。



わたしは若干、彼を疑いながらも、チャイを頂きました。



まさか、睡眠薬入ってないよね…?と思ったのですが、
(参照記事⇒「睡眠薬強盗、怖いよ~!!」)

こういうきちんとした店舗を持っているところの場合、
睡眠薬強盗をする可能性は、比較的低いんですよね。(可能性ゼロではないけど)


所在地がわかっているので、
警察に通報すれば、すぐ捕まえられちゃうからね。






ツアー会社の人は、ネットが使える個室に通してくれて
「ユックリシテクダサイ!」と言って、去っていきました。
(普通に、いい人だった☆)



早速、宿の予約サイト(Booking.comとか)で
ニューデリーの安宿を検索したら、全然、閉まってなんかいませんでした。



やはり、そうだったか…、あのイケメンめ!!(*`ε´*) プンプン





ツアー会社の人に事情を話すと、
友達のやっているパハールガンジの安宿を紹介してくれたので、
そこに行くことにしました。

(ネットを使わせてくれた義理もあるしね)




リクシャーで、40ルピー(約80円)。



ちなみに、リクシャーに乗る前に
「『エバーグリーンホステル』に行きたいんだけど、場所知ってる?」と聞くと
「知ってるよ!乗れ!!」と言われたので、乗ったのですが、

いざ、パハールガンジに着くと、迷いまくっていて、
周りの人に片っ端から聞きまくることで、なんとかたどり着いたのでした。


…てか、場所知らんのかい!?


まぁ、こんなのインドでは、よくあることです。





ちなみに、宿までは40ルピー(約80円)で行ってくれるってことだったんで、
降りるときに、50ルピー渡して、10ルピーお釣りをもらおうとしたら、
お釣りがないと言われました。

「OK!じゃあ、あそこのお店でちょっと崩してくるから、待ってて^^」と言うと
「じゃあ、いいよ」と言って、10ルピーのお釣りをくれました。


…てか、お釣りあるんかい!!


まぁ、これもインドでは、よくあることです。



ぶっちゃけ、10ルピーくらいなら、あげても良かったんだけどね。

きっと、チリも積もれば山となるから、こういう「お釣りがない」作戦の積み重ねで、
彼は、利益を高くしているんだろうなぁ。






これが、今日泊まる安宿「エバー・グリーン・ゲストハウス」






シャワートイレ共同のシングルルームで、1泊300ルピー(約550円)です。







まぁ、安宿だけあって、トイレは少し汚めです。

※詳しい宿情報は、一番下をご覧ください。





少し休んで、周囲を散策に行くと、
電話で閉まっていると断られた「ハレ・ラマ・ゲストハウス」がありました。




…てか、全然、閉まってないじゃん!!



後から考えてわかったのですが、あのとき電話していたのは、
ゲストハウスではなく、実は、彼の友達だった
んでしょうね。


ゲストハウスのスタッフのふりをして、
うまいこと口車をあわせていた、というわけです。



あの場では、
本当にゲストハウスに電話しているように見えたので
すっかり騙されてしまうところでした。


ていうか、わたしもインドはじめてだったら、
間違いなく、騙されてました…!!


実際に、同じ手口で騙された日本人にも会いました…。


みなさん、インド(デリー)に行く際は、ぜひ気をつけて下さいね~!!


「参考になったよ!」「インドに行くときは気をつけよう~」と思った方は、ぜひクリックお願いしますっ(^O^)携帯の方もぜひっ☆いつもありがと♪
 ↓ ↓ ↓

  世界一周 人気ブログランキング
 
 ↑ ↑ ↑
世界一周ランキングに参加中です。上のボタンを1日1クリックして頂けると、順位が上がる仕組みです。
「え、何それ?」って方は、こちらの記事をご覧ください⇒世界一周ブログランキングって、何なの??



デリー(インド)の安宿「エバー・グリーン・ゲストハウス」




・住所:2769/6, Chuna Mandi, Pahar Ganji, New Delhi



・宿泊費:個室1泊300ルピー(約550円)
・宿泊日:2013年4月11日(木)。
・トイレ、シャワー:共同。水シャワー。
・wifi:なし。
・その他:まあまあの汚さです。
・総合評価:★★(2.4)


よろしくねっ!!^^
 ↓
  世界一周 人気ブログランキング
関連記事



Facebookでは当ブログの最新情報や、国内・海外旅行・登山情報・旅行のコツ等をいち早くお知らせしています。
良かったら「いいね!」して、一緒に旅行気分を味わってくださいね^^♪
 ↓ ↓ ↓



Twitterでもいろいろつぶやいてます。
 ↓



インスタグラムも始めました。
 ↓

Instagram


≪ インド人詐欺師の巧妙な手口。 | HOME | 世界一周のお金、あといくら残ってる?!全公開!!<ケニア編> ≫

コメント

メトロ

コメント2回目です。
その地下鉄の約7割は日本のODAによって建設されたものですよ。
駅などに日印国旗やODAプレートが掲げられてませんでしたか?
加えて、円借款によるフェーズ2が決定しているので、
将来、交通網が更に充実すると思います。
旅しながらこうした発見をするのもおもしろいと思います。
お気をつけて。

インドらしい体験してますね!

まさに人に聞くインドっぽいイメージの体験をしていて、笑ってしまいました。
僕らも世界一周の旅を始めたばかりで数ヶ月後にはインドに着く予定なので、楽しみにしたいと思います。

インド、色んなブロガーさんの見るけどクズすぎて毎回にやにやしてしまう笑 弟さんもやられてましたね。ちゃおずも今度いってみたいです!ちなみにりりーさん的に最も人間を強くしてくれそうな外国はどこですか?

プッ

すいません宿の評価のまあまあの汚さ、にウケましたw
イケメン詐欺師の写真がナイのは残念です~
目の保養…ではなく被害者を減らすためにw

教えてください

楽しく毎日拝見しています。いろいろな情報を頂き、助かっています。インド程、驚きの連続で旅人を楽しませてくれる所はないですよね。いろいろな顔をもっているから、ほんとにおもしろい。
教えてください。旅の途中取得したEチケットは印刷の必要はないのですか。バックパッカー初心者なのです。

気を張りますね(笑)

こんにちは!
やっぱり、インドの騙し方は他の国より1癖2癖ありますよね(笑)
私の友達は夜中にインドのタクシーに乗ったら真っ暗な住宅街で乗り捨てられ、他の通行人に声を掛けられ「ここは危ない地域だ。ちょうどここから近くに私が経営しているホテルがあって5,000円で泊まれるから来ないか?」と言われたけど、断って、タクシーから降りて運転手を探したら、1ブロック先の曲がり角でタバコを吸ってホテルを経営してる相方を待ってたそうです(笑)
で首根っこ捕まえて「ちゃんと空港に連れて行ったらチップをやるから早く運転しろ!」と友達が言ったら運転して空港まで連れて行ってくれたけど、その空港は友達が言った空港では無かったそうです。友達も気づかずその空港で降りてしまったそうですが、色んなトリックがあって神経使いますね(笑)

すごい!

りりーさんって、ほんとかわいいし、たくましいですよね!
ますますのご活躍、楽しみにしています!

インド

世界一周にインドは外せませんよね!!
インド行きたいなぁ♪
インドといえば
インド旅行中のどじっ子ブログの女の子が全然更新無くて心配です

インド!

初めてコメントします。
わたしもインド大好きで、2回行きました。
地元の優しいおじさんを味方につけるのも、詐欺師の騙し方も、インドあるあるですね!
ガイドブックどおりというか、
そこは閉まってるよパターンはデフォルトですね。
それでも憎めないインド。。


「かかってこい!」の余裕ですね。

さすが、3回目の経験と、準備の良いリリさん、余裕ですね。
客引きや店員の出方を予想して、対応をしている様子。
ウザさや狡猾さですら、むしろ楽しんでいるようにも見えます。

リリさんと同行したら一緒の人は楽だろうな。

でも、車の運転と一緒で、慣れて気が抜けた時に事故起こりやすいし。
用心、用心。
リリさんなら心配いらないだろうけど。

私は魚です。

半年もインドにいたなんてめっちゃ凄いですね。自分は1回目に20日くらい、2回目に4日くらいいましたけど全然自分に合わなくて、インド人が嫌でたまらなくて、雰囲気も文化も合わない感じがして、クラクションがうるさくてたまらなくて、うんこが落ちまくってて汚くてたまらなくて、つまるところ全然好きになれないどころか嫌いになってしまい帰りたくてたまらなかったですね。もう自分にはこの国完全に合わないぞって言う拒否反応が出ました。インドを長期放浪できる人って凄い逞しいと思うし、包容力があるというか素晴らしいと思います。確かにインドでしか見られない光景とかたくさんあるし様々なものがカオス的に存在している包容力のある雰囲気は魅力を感じますが、(あくまで自分の場合は)しばらくいると吐き気がしてきちゃうんですよ。日本にずっといてもなんというか日本人独特の完璧主義みたいなものや希望があるのかないのかよくわからないような閉塞感みたいなものに吐き気がしてきて最後は発狂しそうになり海外に出たくてたまらなくなりますが、インドはそれ以上に耐えられなくなっちゃいます。でも、やはりインドが好きな人、合う人、合わない人など(同じ日本人でも)色々な価値観の人がいるのは凄く面白いなと思います。なんだかんだ言ってもインド人は憎めないところがあるし根はそんなに悪くない人が多いと思いますし、しばらく行かないと行きたくなるというのは本当だと思いますが。(でも・・もう自分はお腹いっぱいかな)

Re: インドらしい体験してますね!

> 武重謙 さん

インド、楽しいですよ~^^変な人も多いけど(笑)
皆さんがよく行かれるデリー~コルカタまでの黄金観光ルートじゃなくて、
もっと北部か、南インドにも足を伸ばしたほうが、インドの楽しさを実感できると思います♪

Re: タイトルなし

> ちゃおず さん

そうなんですよ~。弟もやられてしまいました(T_T)
でも、インド面白いですよ^^ぜひ一度行ってみてください~♪

うーん、最も人間を強くしてくれそうな国ですか~!
やっぱり、今まで行った中では、インドですね^^

半年間のインド旅行から日本に帰ってきたとき、友達に「なんか、前より強くなったね…。」と言われました(笑)
たぶん、日々のリクシャーマンとの戦いで、たくましくなっていったのだと思います^^

Re: プッ

> ブリトニースピアーズ さん

アハハ^^
宿の評価も、細かく見てくださってありがとうございますw

イケメン詐欺師の写真!すっかり撮り忘れました~!!残念!
目の保養…じゃなくて、被害者撲滅に必要でしたね!(笑)

Re: 教えてください

> ゆう さん

毎日、楽しく見ていただいて、ありがとうございます^^

ホント、インドは良いことも悪いことも、いろいろと起きて、事件には事欠かない国です。
慣れてくると、楽しいですよ♪

旅の途中で取得したEチケット、わたしは滅多に印刷しません。めんどくさがりなので…(笑)
でも、Eチケット(または、メールの確認画面)を、スマホで、すぐに見せられるようにはしています。
(たまに忘れますが…)

一部のLCC(ライアンエアーなど)は、印刷したEチケットがないと罰金を取られるのですが、それ以外は、パスポートを見せれば、簡単にチェックインできますよー^^

Re: 気を張りますね(笑)

> Miyuki さん

そうですね!インドの騙し方は、けっこう周到ですよね…!
とか言いつつ、「歩き方」にバッチリ載ってたりもするんですけどね^^;

ご友人、すごいですね!まさか、タクシーの運転手を探し出すとは!
その詐欺の手口はよく聞きますが、だいたいみんな、しょうがないからってホテルに泊まっちゃってますよー。
近くにいることもあるんですね!

でも、まさか他の空港に連れて行かれるなんて…とんだ災難ですね(>_<)
これだから、インドの移動日は、気が抜けない。。(笑)

Re: すごい!

> はじめまして さん

わぉ!そんなに褒めていただけるなんて…、褒め上手すぎですよ!!でも、嬉しい(*´▽`*)
ありがとうございます☆

Re: インド

> asakusataro さん

そうですね!インドは、クセが強いですが、楽しいですよ^^

全然更新がない…っていうのは、もしや、りのさんのことですか?
ちょうど先日、ブログ更新されてましたよ!今はネパールにいるみたいです。無事で良かった☆

Re: インド!

> ayama1129 さん

初コメントありがとうございます^^

おぉ!さすが、インドのサバイバルノウハウをご存知ですね!!
そうそう。なぜか憎めないんですよね、インド…(笑)

Re: 「かかってこい!」の余裕ですね。

> Crew さん

確かに、ウザイと思いながらも、心のどこかでは面白がっているかもしれません(笑)
ツッコミどころ満載過ぎるんですよね、インド…^^

そうなんですよ!
わたしも、慣れてきた頃に、インドで大失態やらかしました(笑)

Re: 私は魚です。

> 旅人 さん

アハハ^^魚…w

確かに、インドは汚いし、うるさいし、どう頑張っても合わない~!って方も多いですよね…!
でも、無理に好きになる必要ないと思います!ネパールとか、ラオスとか、他にもっと良い国たくさんありますもんね^^

今後もし万が一、またインドに行く機会があるのであれば、今度はリシケシやダラムサラなどの北部か、のんびりした雰囲気の南インドを味わってほしいです☆(うーん。でも、東南アジアで十分な気もするな…笑)

Re: メトロ

> るー さん

すみません!
お返事するの忘れてて、最後のほうに返信になっちゃいました…!
また、コメント下さって、ありがとうございます^^

なんと!日本のODAによって建設されたなんて、全く気が付きませんでした!!
教えてくださって、ありがとうございます☆

おおっ、正しくインドって感じですね!
僕もインドには一度行ってみたいと思いながら、まだ行けてませんでした。
ベテランさんの余裕で、やり取りのディティールも細かくて、おもしろいです♪

めっちゃ参考になります!!!!
北インドに行くのが怖かったので、その前にリリーさんの記事を見れて良かったです(*´◡`​*)

「ナヒーン、ダンニャワード」早速私も使わせていただきます!!(`・д´・ )

Re: タイトルなし

> mino さん

ホント、「ザ・インド」って感じですよね。
相手は落ち着き払っていて、自信満々なので、つい騙されそうになっちゃうんですよ…!
でもインド楽しいので、ぜひ行ってみてください~^^

Re: タイトルなし

> きょみ さん

参考になって、良かったです!
デリーでは、この詐欺が横行してるみたいなんで、気をつけてください^^
ぜひ「ナヒーン、ダンニャワード!」多用してください♪

はじめまして!記事興味深く拝見させていただきました!
空港からニューデリーまでって地下鉄で100ルピーじゃないんですか?

Re: タイトルなし

> masa さん

はじめまして☆
えっ、空港からニューデリーまでって、100ルピーになったんですか!
わたしが行ったときは150ルピーだったと思うのですが…安くなったのかしら^^

この詐欺師、俺が今回の旅で騙された旅行代理店と同じかもwww
まだ、元気にやってる模様です

Re: タイトルなし

> ハイデラバード さん

わわ!もしやハイデラバードさんも、パハールガンジへ行こうとして、リクシャーにこの「観光案内所」と称する詐欺ツアー会社に連れてこられた感じですか!?
性懲りもせず、まだ彼は詐欺をやってるんですね…。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://liliki.blog.fc2.com/tb.php/171-a23c7a09

最近の記事

著者紹介

りりー

こんにちは!りりーです。「りりーの日記」略して「りり記」へようこそ☆

2013年7月末に、予算99万円の世界一周の旅から帰国しました!
ブログでは、中南米→ヨーロッパ→アフリカと来て、ついにアジアまで来ました。残り7カ国分もちょっとずつ更新したいと思います。^^ (帰国後のお話しは「りり記2 ~99万円で世界一周後~」に書いてます。)

ブログの更新情報や近況報告、旅のウラ情報などは、メルマガにてお届けしていますので、ぜひ登録してくださいね~(*´▽`*)

↓ ↓ ↓

メルマガ

メルマガ購読・解除
 
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周後・体験談へ
にほんブログ村


世界一周 ブログランキングへ

人気記事


カテゴリー

月別アーカイブ







Tripアドバイザーの
おすすめブロガーに認定されました☆


トリップアドバイザー
ウユニ観光ホテル口コミ情報




国内航空券エアータウン





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。