りり記☆

99万円で世界一周。LCC(格安航空)を使った女一人旅の世界一周ブログ。

当ブログは、http://liliki.net/に移転しました。


「りり記2」と統合したため、世界一周の記事は
こちらのカテゴリーにて更新していく予定です。
 ↓
http://liliki.net/category/99-round-the-world


ブックマーク登録いただいている方は、お手数ですが、
http://liliki.net/ に変更いただけたら幸いです。


これからも、どうぞよろしくお願いします♪


ブログ引っ越しの理由はこちら → 「無料ブログと有料ブログ(Wordpress)の違い。無料ブログの落とし穴


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネパールの古都「パタン」観光と奇妙なマネキン


ネパールの首都カトマンズから、バスで30分ほど南へ下ったところに「パタン」という町があります。



「パタン」は、サンスクリット語では「美の都」を意味する「Lalitpur(ラリトプル)」と呼ばれます。




その名の通り、美しい寺院が多く存在する町「パタン」を散策しました♪


*この記事は、2015年のネパール地震が起こる前に旅をしたときの様子を書いています。


スポンサーリンク




ネパールのミャンマー大使館へ行ったついでに来た町「パタン」。バスを降りて最初に目にしたのは、



巨大クリスマスツリー




…じゃなくて、コレ、お祭りに使う山車らしいです。



 ↑
確かに、よく見たら車輪がついてる。


後で調べてみたら、「ラト・マチェンドラ・ナート」という雨乞い祭で使われる山車なんだそう。お祭りの間は、この巨大な山車がパタン市内を練り歩くんだそうです。




やっぱり水力発電に頼っているネパールにとって、雨は本当に大切ですよね。乾季が続くと、停電時間も長くなっちゃうし…。

(詳細 → 【ネパールの停電事情】毎日、停電する国の驚くべき停電時間」)






パタンの町には、歴史を感じさせる建物が多いです。





…でも、それ以上にわたしたちの目を引いたのは、



マネキンです。





なんで、みんな首を吊っているの…!?




 ↑
不機嫌な表情。この人は、絶対怒ってるよ…。



しかも、よく見たら



手がない。




何があったの…?






…目がヤバイ。










恐怖のマネキン通りを抜けると、



パタンの中心地である「ダルバール広場」に着きました。




ここには16~18世紀にかけて造られた建物が密集しています。




外から写真を撮る分には無料ですが、広場の内部に入る場合は、外国人入場料:500ルピー(約580円)が必要です。






地元の人でにぎわうお店に入って、



ウォー」というネパール料理を食べてみました。



40ルピー(約45円)





「ネパール風お好み焼き」と言った感じで、とても美味しかったです…♪






2015年4月に起きたネパール地震の影響で、パタンでも一部の建物が倒壊してしまったそうです。




ネパールは地震の多い国ですが、レンガ造りの建物を多く見かけます。貧しい人々の多いネパールにおいて、コンクリート製の家はとても高価なものだからです。



でも安いレンガで建てた家は地震に弱いため、震度4~5でも大きな被害が出てしまうそうです。



ネパールの主な産業は「観光」。でも震災後、観光収入が激減して職を失った人々もいるそうです。



ネパール旅行に行くことこそ、わたしたちにできるネパール支援の形なのかもしれないな…と、改めて感じます。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周後・体験談へ
「世界一周後・体験談ランキング」へ

関連記事



Facebookでは当ブログの最新情報や、国内・海外旅行・登山情報・旅行のコツ等をいち早くお知らせしています。
良かったら「いいね!」して、一緒に旅行気分を味わってくださいね^^♪
 ↓ ↓ ↓



Twitterでもいろいろつぶやいてます。
 ↓



インスタグラムも始めました。
 ↓

Instagram


≪ 海外旅行で、見知らぬ人の家に行くとどうなるか? | HOME | 【ネパールの停電事情】毎日、停電する国の驚くべき停電時間 ≫

コメント

マネキン、すごいインパクトですね。怖い~。。。

レンガ造りだから、こういう独特な街の趣があるのかもしれないけど、やっぱり地震を考えると危ないですよね。耐震性はゼロでしょう。ボストンも未だにレンガ造り多いですよ。だけど、だからボストンの夕焼けは色が違うと聞きました(色が濃いです、確かに)。しかもボストンの中心部って、200年前くらいにもともと湾を埋め立てた、所謂埋立地なんですよ。10年ほどボストンのど真ん中に住んでいましたが、地震は最大の恐怖でした(日本人ならではの恐怖)。

もしもボストンで地震があったらレンガ造りの建物崩壊、地面は液状化。。。すごい最悪のパターンになりそうです。^^;

Re: タイトルなし

> ReiRei さん

マネキンの存在感、すごいですよね…(笑)

本当にレンガ造りって見た目は素敵なのですが、地震のとき怖いですよね。。
ボストンもレンガ造りが多いんですか~!埋め立てた地っていうのは怖いですね…。カトマンズも昔は湖だったから、地盤が悪く被害が大きくなったと聞きました。

日本人に比べて、外国人は地震に対する意識が低いでしょうね。めったに地震がないから、当たり前といえば当たり前なのですが。外国のお家に行くとインテリアが日本と違って驚くことがあります。日本人のわたしからすると「そんな上の方にお皿をたくさん飾って、地震が起きたらどうするんだ!?」と思ったり…もちろん、彼らはそんなこと考えもしないんでしょうけど(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最近の記事

著者紹介

りりー

こんにちは!りりーです。「りりーの日記」略して「りり記」へようこそ☆

2013年7月末に、予算99万円の世界一周の旅から帰国しました!
ブログでは、中南米→ヨーロッパ→アフリカと来て、ついにアジアまで来ました。残り7カ国分もちょっとずつ更新したいと思います。^^ (帰国後のお話しは「りり記2 ~99万円で世界一周後~」に書いてます。)

ブログの更新情報や近況報告、旅のウラ情報などは、メルマガにてお届けしていますので、ぜひ登録してくださいね~(*´▽`*)

↓ ↓ ↓

メルマガ

メルマガ購読・解除
 
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周後・体験談へ
にほんブログ村


世界一周 ブログランキングへ

人気記事


カテゴリー

月別アーカイブ







Tripアドバイザーの
おすすめブロガーに認定されました☆


トリップアドバイザー
ウユニ観光ホテル口コミ情報




国内航空券エアータウン





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。